こんにちは、まつもとです。

 

2019年の冬に僕はアフリカの最西端の国、セネガルという国に行ってきました。

 

そこでは、

 

・20代で10億稼いだ投資家
・同じく20代で保有資産5億の経営者
・富豪に営業しまくって不動産やってる男
・過去に日本で宝くじを売っていた女性
・本気で大統領を目指す現地のビジネスマン
・言語通じないのに鶏を売りさばく男

 

というバケモノ級のサイヤ人ばかりでした。

 

いい感じに本音で恥ずかしげもなく、そのときに感じた悔しさを赤裸々に書いていきます。

 

セネガルで出会ったかっこいい人たちと出会い、 帰りの飛行機で悔しすぎて書いた文章です。

 

先日、とある起業家や投資家の方たちと一緒にアフリカにあるセネガルという国に行ってきたのでそれを振り返る。

 

結論から言うと、超楽しかったし、面白かったし、死ぬほど充実できたんだけど悔しい思いばっかしていた気がする。せっかくなのでセネガルに行って悔しかったことを残していきます。

 

不動産ツアーを見にいって会話に参加できない。土地を購入できる話ができない。

いやーこれは悔しかった。だって土地が買えねーんだもん。

 

俺いま収入が月 70 万くらいしか稼いでないじゃん?そりゃ買えんよ。

 

一緒にいた投資家や起業家の人は、それこそ 5 億とか 10 億持っているのだから楽しそうに土地を見物してた。

 

でも自分は買えないから正直そんな楽しくない。まあ有益な異世界の情報をインプットできて、この土地を活かすとしたらどうビジネスに活用していくかイメージはしたよ。

 

けど知識が脆弱すぎて足元にも及ばない。ビジネスチャンスいっぱいあるのに何に活かすかの考えが思い浮かばない。

 

一応、考えたことは「ここで飲食店やったら儲かるじゃん。フランスから来た観光客向けに部屋の貸し出しとかやれば利益とれるじゃん」だけ。なんかふわっとイメージはできる。

 

けど詳細に考えることができない。だからなんとなくになってしまう。故につまらない。

 

確信を得られないから自信も持てない。知識無さすぎて思考停止になってしまった。非常によくない。

 

一緒にきていた 10 億稼いだ投資家の方は、投資やオフラインでのビジネス、グローバルの情報の知識が鬼あるから詳細にビジネスを考えることができる。

 

保有資産 5 億を超えてる経営者は、土地やグローバルな知識はないけど投資家のひとに、

 

「この 10 ヘクタールの土地あったらお前だったら具体的に何からはじめる?」

 

と質問をちゃんと投げかけていた。

 

(10億稼いだ投資家も保有資産5億を超えてる経営者も同じ20代で、二人とも同じ年齢のためタメ口)

 

情報を取りに行く姿勢、貪欲さも負けてしまっている。

 

実業家の人はちゃんと情報を取りに行ってるのに自分はボーっとしていて「うーわ土地って広いなー」としか思わなかった。

 

臨場感カスすぎる。10ヘクタールとは東京ドーム 2 個ぶんくらいだ。

 

自分だったら何するかと考えてもアイデアが浮かばない。

 

アフリカの土地買ったら長い目で見たら、10倍以上になりそうだなーというショボい発想しかない。

 

しかし億を稼ぐ人たちは違った。「マンゴーやるかな〜」とか言っていた。

 

マ、マ、マ、マンゴー!??

 

Why !??

 

マンゴー単価の高いからね、と。ていうか中国の企業がすでに土地を大量に買い占めているらしくマンゴー農園にしていた。

 

マンゴーはそこまでヨーロッパに浸透しているわけでもないから高く売れる。

 

しかも宮崎マンゴーよりも完成度の高いマンゴーをセネガルは生産できるから高い単価で輸出することができると言う。

 

で、この情報をインプットできても実際に形をしていくのに自分は情報がないから、「へーマンゴー栽培したら儲かるんだー」くらいにしか思えない。

 

けど、世界を飛び回ってる億を簡単に生み出す投資家は違うわけさ。

 

「水を用意しないといけないとなったとき、行政との手続きをしなければならないし。水を引っ張るときのコストは高くつくよね。お金の面が解決できてもだいぶ国からの承認に時間かかりそう」

 

っていう知識があった。そこの土地に投資して妥当かどうかっていうのが判断できる。

 

けど自分はそこまで考えが及ばない。

 

だから投資してもそれが妥当かどうかも判断できないし、投資できてもゼロから形にするのに当然めっちゃ時間かかる。まさに情弱。

 

てか土地買えないからまだ投資できないやん…。

 

スタート地点にも立ててないクソかよ…。

 

新世界に突入すればするほど改めて、自分の不甲斐なさや知識のなさを実感した。

 

「俺もそれやりたい!」ってなったときに実行できない悔しさといったら他にない。

 

・実際に土地を購入できる資金。

・10ヘクタールの土地を買ったらどうビジネスしていくか

 

自分の頭のなかにある知識をどう活かせるか。

 

ここがもっと十分にあればもっと心躍る遠征になったしワクワクできたと思う。

 

実業家や投資家の人たちは、知識があるから、投資できる資金があるから臨場感高く土地を見れて、「やべえ超楽しいテンションあがる」と言っていた。

 

その点を比べると、俺は土地をみていて実業家や投資家の人みたいに楽しむことができなかった。

 

くっそおおお、俺も楽しいしたい!!

 

知識なさすぎてやれることがインプットしかできない。新しい情報に触れて面白いに越したことはないけど、それは形としてビジネスとして自分が関われないのが非常に悔しくて、つまんなくて情けなかった。

 

億を稼ぐ経営者の方に、「もっと稼がなきゃね」と言われて恥ずかしかった。

 

あーなんで俺もっと稼いでこなかったんだろ。

 

 

与えられた情報を活かして圧倒的に自分のレベルが上がるビジネスができるのに、それができないもどかしさ。

 

マジで自分しょうもねえわ。情けなさすぎて泣けてくる。

 

もう早く日本帰って作業したい。レベル上げてえ。

 

でもこうやってセネガルにきて目標ができたのは本当に良かった。

 

だって日本にいると収入がちっぽけでもなんやかんや満たされる生活ができてしまうから。

 

俺とかそんなに食わなくても生きて行けちゃう。だからクソみたいな生活しててもコストがかからない。

 

良い意味でも悪い意味でも死なない。命を粗末に扱えない雑魚キャラになる。

 

ダラダラ youtube みて、ツイッター眺めている。いや何してんねん。

 

コンテンツ作ってたほうが絶対に時間の無駄にならないし充実するやん。なのに、「あーだりい。めんどくせええ」と言って動かない。マジで終わってるわ。マジでぶん殴りたい。

 

「もっと稼がなきゃねー」

 

言われて、今まで100%の力でずっと動いていたらまだ自分に後悔の念は抱かない。言い返せたと思う。

 

だけど、100%の力で日々を生きているかと言われたら、そーでもない。だから死ぬほど自分を嫌いになる。

 

なんでもっとやってなかったんだ俺…もっとできたじゃん。っていうね。さらに上を目指すモチベになった。

まとめ

まつもとです。自分に向けて書いたので口が悪いとこもあったと思います。

 

そこはご了承くださいませ。

 

ですがこれを読んで誰かの刺激となり 1 人でも多くの人の感情を揺らすことができればいいなと信じます。

 

感想、意見などなどもらえたら嬉しいです。ではまた!

体験記の関連記事
  • 億を稼ぐ人たちとアフリカで不動産ツアーして悔しさを感じた話
  • ビビリの僕がアフリカでゲストハウスをやっている理由
  • 那須高原でヘラクレスオオカブト買ってみたw昆虫ビジネスで億を目指せる
おすすめの記事