こんにちは、まつもとです。

 

2019年の冬。

 

家でトイレをしながらyoutubeを見ていると、億を稼ぐ経営者の先輩から突然こんなLINEが届きました。

 

『セネガルいかね?』

 

・・・セネガル??

 

いやいやいやちょっと待て、と。

 

「そもそもセネガルってどこ??」って、なりますよね。

 

Google Mapで調べてみましょう。

 

「いやいやいやアフリカやないかい!!」

 

ほぼ日本の裏側にいくようなもんです。

 

「これ行ったら変な病気とかかかって死ぬんじゃね?」

 

正直そう思いました。でも逆にここで一緒にアフリカに行けば、さらに先輩と仲良くなれる。

 

とんでもない案件も貰えるかも!?

 

 

「えいやああああああああ」

 

と、二つ返事で『いきます』とラインで送りました。もう言ってしまったんだから行かざるを得ません。

セネガルに2年以上住む奥村さん

でも前々からぼくはセネガルに行ってみたいという気持ちはありました。

 

なぜなら現在、セネガルに住んでいる奥村さんがいるからです。

 

奥村(しゃおろん)さん

 

『ちゃんとチョケる:しゃおろんブログ』

 

プロフィール

 

和歌山出身、神戸大学卒、アフリカのセネガル在住、ギリギリ平成生まれ。

 

大学時代はストリートナンパに明け暮れ、ブログ「ナンパ大学生」が検索ワード「ナンパ」でGoogle・Yahooで1位のサイトに。

 

一部上場企業に入社するも3ヶ月で退社し、起業。

 

ナンパ塾塾長として300人以上を直接指導し、NYに3ヶ月渡米。

 

帰国後、ナンパとビジネスと人生哲学を統合したコミュニティ「ちゃんとチョケる」を運営し、メンバー内で上京・起業・休学・退職・海外進出した人数は累計100人以上。

 

外国人をナンパすることで英語とフランス語を習得。さらなる負荷をかけるためにアフリカのセネガルへ移住し、不動産事業、レストラン事業、ランドリー事業などを展開。

実は奥村さんがセネガルに行かれる前に、日本で飲み会を開催していただいて2回くらい会ったことがありました。

 

それから約1年ほぼずっと日本に帰ってこないで、ずっと会う機会がなかったので、

 

「セネガルってどんな感じなんだろ?そんなに魅力的な国なのかな?」

 

と、奥村さんのブログを読むたびに興味を持っていたのです。

 

そして、今回お世話になっている経営者の先輩からセネガルのワードが出てくるとは思わなかったので、

 

「ついに前から行きたかったセネガルを引き寄せてしまったな〜」

 

って、これぞ『引き寄せの法則』に巡り合った感がありました。

 

だったらこのチャンスは掴み取るしかないです。

 

そして先輩の経営者2人、一緒に住んでいた起業家1人と共にセネガルへ。

 

セネガル旅行までの1ヶ月間は、念のため黄熱病とか腸チフスなどの予防接種のワクチンを打ちました。

セネガルまで日本から36時間のフライト

『日本→カタール(ドバイ)→モロッコ→セネガル』の流れで辿り着きます。

 

日本→カタール。

in ドーハ。

 

左上のサモサってやつが揚げ餃子みたいで美味かったです。あとカレーもまあまあ美味かった。

 

ご飯を食べて3時間くらいしたら、もう飛行機のなか。次はモロッコへ。

 

モロッコ到着。4時間後にはまた飛行機に乗らないといけない。

 

乗り継ぎのはずが出国してしまい、一緒に乗っていた起業家仲間(Yくん)とあたふたしてさすがに焦りました。

 

アメリカ留学をしたことがあるYくんが果敢にスタッフたちに話しかけて、なんとか乗り継ぎできるところまで戻ることができました。

 

エコノミークラスに乗っていたのもあって、さすがに疲れすぎてマッサージに行かざるを得ない。

 

終始、腰が爆発しそうでした。笑

 

海外旅行はケチってる場合じゃないですね。

 

ビジネスクラスに乗っていた経営者2人は、

 

「爆睡してたらいつの間にか着いてたわ」

 

「リクライニングシート最高」

 

とか言ってたので素直に羨ましかったですね。こっちは首に枕巻かないと眠れない状態だったので。苦笑

 

Yくんのアメックス・プライオリティパスのおかげでモロッコ空港のラウンジが使えました。

ここでシャワーを浴びたり、クロワッサン食べたり、歯磨きしたりしてだいぶ旅疲れが和らぎました。

 

モロッコ→セネガルへ。約2時間くらいのフライトなのですぐ着きます。

 

ただここでアフリカンタイムが発動して、搭乗するのに予定1時間オーバー。結構あるあるみたいです。笑

 

そして日本から約36時間を経て、セネガルに到着。

 

ちなみにセネガルは英語ではなくフランス語圏です。なのでセネガルに入国する場合もできるだけフランス語で言う必要があります。(いうて空港なので英語も少し通じます)

 

スタッフっぽい黒人になぜかVISAのところに案内されてしまって、入国するのに100ユーロ(12000円ほど)謎に取られました。泣

 

あとでセネガルに住んでいる奥村さんに言ったら、「カモられてるやんww」って笑われました。

 

英語やフランス語ができていたら、ちゃんと回避できてたんだろうな〜。笑

 

キャリーバッグやら荷物を受け取って外に出ると、奥村さんや他の3人の方々たちが迎えてくれました。

 

・20代で10億稼いだ投資家
・過去に日本で宝くじを売っていた女性

・11浪して医大生になったセネガルにきてる日本人
・本気でセネガル大統領を目指していて、4カ国後話せる現地のビジネスマン

 

と、奥村さん。壮々たるメンバーで驚愕しました。なんていう人脈してんだ…。

 

とりあえず先にユーロの紙幣をセネガルで使えるセーファ(通貨)に変えたり、simカードを手に入れたりします。

 

そしてキャリーケースを引きながら外へ。

 

アフリカ特有の乾燥した風に生暖かい空気。

 

宿まで車へGO. セネガルだと運転手をかなり安く雇えるそうです。

 

空港の周りはほぼ灯りがついていなくて、車のライトだけを頼りに道を走らないといけないのでめっちゃ恐かったです。

 

ただ運転手さんは慣れているのか、勢いよくスピードを飛ばして舗装されていない道を突き進んでました。笑

 

泊まった宿がこちら。

 

基本デフォルトでプールが付いてきます。笑

 

蚊に刺さらないように蚊帳もちゃんとしています。

 

宿に荷物だけ置いて、「せっかくなんで先に飯いきましょう」ということでセネガルのファーストフード的なところへ行きました。

セネガルのファーストフード的な店

セネガルにはまだマクドナルドとかスタバとか有名なチェーン店はまだありません。

 

ここでハンバーガーとコーラを頼みました。注意しないといけないのが水です。

 

グラスに氷が入っている場合、現地の水で作ることもあるのでそれでお腹を壊すリスクがあります。

 

なので基本的にペットボトルや瓶のまま飲みがちです。

 

コーラ200mlくらいしかないの草w

 

お皿に乗ってるやつをわざわざ別で用意されてるパンに挟んで食べないとなりません。

 

このハンバーガーは頼んでから約40分後に出てきました。5分もせずに作れそうなのにww

 

ファーストフード的なノリのお店なのですが、全然速さを優先されてないの面白いですよねw

 

なぜこんなにも食事が出るのが遅いのかというと、セネガル人は仕事よりも圧倒的にプライベートを優先してしまう傾向があります。

 

目玉焼きを作っている間に友人から電話がかかってきてしまったら、電話に出てそのまま手を動かせばいいのに一旦料理するのをやめてダラダラ友人と電話する。

 

こちらから「はよ作って〜」と言わない限り電話は終わらないし、料理が再開しないみたいです。超ラフすぎますねw

 

現地の人たちはそれで怒らないのか?という疑問なんですが、現地の人の生活自体が時間に迫られることがないので怒らないんだとか。

 

セネガル人は鬼穏やかみたいです。「無駄な時間を過ごしたくない」という考えに捉われていた僕からすると、時計をみて動かない概念は驚愕でした。

 

他にもレストランにいるときは、

 

・なぜ奥村さんはセネガルを選んだのか?

・セネガルに美人や爆乳が多すぎる理由とは?

・治安が悪いんじゃないか?

・日本じゃあり得ないセネガルあるある

・予防接種せずに入国できる裏技とは

・病院は汚いのか、ちゃんと綺麗なのか?

・アフリカでもキャッシュレスは普及してるのか?

・セネガルのご飯は美味しいのか?

 

その辺の話をしました。これらは奥村さんと以前、対談動画を撮っているのでぜひご覧になって見てください。

 

 

旅行記の関連記事
  • リッツカールトン大阪にノリで泊まってみた。一流ホテルはやっぱレべチ。
  • 【アフリカ・セネガル旅行記vol.2】貧富の格差を肌レベルで感じた
  • 【アフリカ・セネガル旅行記】新感覚アフリカンタイムを味わう
おすすめの記事