こんにちは、松本です。

 

先日、いつもお世話になっている実業家の自宅に招かれて脱毛してきました。

 

実業家の方はその日だけで500万稼ぎ、僕もその日は20万儲かりました。とくに何もしていません。各々の仕組みが働いてくれて、ピッピッとレーザーで脱毛しているあいだに収益が出ました。

 

ちなみに僕がやった脱毛は痛くありません。一緒にいた脱毛の機械を取り扱っているメーカーさんから説明を一通り受けて、僕がレーザー脱毛の実験体になりました。

 

脱毛をしている友人から、「静電気バシバシやられてるみたいで痛い」と言われて最初やる前は超ビビってました。脱毛用のジェル(これがあることで痛みを和らぐことができます)をたっぷり塗って、

 

「(めっちゃ怖えええ、火傷したらどうしよ)」

 

とか思って、目をつぶって待ち迎えるんですけど…

 

ピッ

 

あ、そんな痛ないわ。なんか熱を感じるなーってくらいです。操作が簡単すぎて結局、鏡を見ながら機械を自分のアゴに当ててセルフヒゲ脱毛していました。笑

 

とくに資格もいらないので打ちまくりです。ただ本当はお客さんにやる場合は2週間に1回ペースみたいです。メーカーさんたちは毎日のようにやってるようでした。

 

そのおかげで、そのメーカーの方も40代近くのおじさんなんですが肌がめっちゃ綺麗。脱毛とセットでしみが消えるやつも付いていました。

 

エステサロン経営で開業して失敗した人の話

なぜ機械を持ってる側は毎日のように脱毛ができて、お客さんは2週間に1回くらいしか脱毛できないのか疑問を持ちました。

 

僕「なんで客に毎日やっちゃいけないんですか?」

 

メーカーさん「すぐ脱毛できちゃってリピートしなくなるからですね」

 

僕「なるほど…(笑)」

 

美容系のビジネスの裏側を垣間見ました。

 

美容の闇でいうと、全然効果のない50万くらいの古い美容機器を最新機器だと謳って300万円くらいで若い子に売ってカモにしてる人がいるみたいです。

 

その若い子はエステサロンをやってみたい!という心意気でつい買ってしまったみたいで…。

 

それで開業した女の子がパチモン機器で、たまたま美容巡りしてるお客さんに使ってしまって、

 

「全然、最新の機械じゃねえし。行っても効果のない奴じゃん」

 

と見抜かれて、女の子は叩かれまくってエステサロンを辞めたとか。女の子は何も知らず、何も悪くないのに変な人から売られてしまったばかりに借金を抱えるという。

 

美容の世界、超グレーやんけ…ってなりました。まじで無知は恐ろしいですね。

 

美容系は誰でもできるが故に差別化がクソすぎる

 

脱毛のように機械に任せる系は資格がいるようで実は何もいりません。

 

美容に関して何の知識もなく、ド素人の僕でも説明を受けて30分後には他人にピッピッとしていました。僕も言うたら、一端のエステティシャンですね。て言うと、お偉いさんに怒られそうです。

 

で、そんな技術を必要としないビジネスだからこそ起業に興味ある若い女性たちがやりがちだそうです。資金さえ調達できれば技術もいらないし参入壁が低い。

 

・ネイル
・マツエク
・脱毛
・痩身マッサージ

…等

 

銀行から300万~500万円くらい融資して借金をつくり起業する。しかも実店舗もかまえたら家賃とか固定費も払わなければならない。

 

それでいてビジネスの知識もないから価格を下げたり、また借金して他の機器を取り入れたり、そういうのでしか他のライバルと差別化できないので、店同士の競争に負けて頓挫するみたいですね。

 

「ホットペッパーに登録したけど全然お客さん来ないよおおおお(泣)」

 

とか言って新規顧客の集客に困ったり…。全然リピートされなかったり…。

 

いやー知識ないなかノリで開業とか正気の沙汰じゃないですね。

 

僕も最初、オフラインで飲食店をやるのに憧れがありました。もし飲食で開業してたら死んでたでしょう。なんせビジネスの知識がなかったらコケるしかありません。

 

その点ネットでの起業はリスクなくさらに原価もかからないので神です。

 

かかる費用もサーバー代とドメインとツールのみ。年間2万円以下で運用できます。さらに僕が営業しなくても、コンテンツが僕の代わりに仕事してくれるのでめっちゃ楽です。

 

ゲームしてたり、自分の好きな人と美味いもん食ってたり、旅行に行ってる最中でも自動的に収益が生まれます。これは僕が天才だったからとかもともと頭がよかったわけではないです。

 

ただ愚直に成功している人のビジネスを真似てきただけですね。とくに美容系のビジネスを実店舗でやってる人の知識のなさ具合は聞いててドン引きしました。

 

まだ儲かっていないのに500万円の資金をイタリアン風の内装にして部屋を2つ構える、とか。え?デザインよくすればお客さん来るとでも思ったの?w

 

いやいやいや、そんなんじゃ客は来ません。お客さんもそんな馬鹿ではないですからね。

 

僕がもし美容系のビジネスをやるとします。そしたらまずファンを作ることに専念します。ファンを大量に作って、「脱毛、ぜひ受けてみたいです!」とか言わせるまでメディアを作りますよね。

 

それで1部屋と美容の機械をペイできる分の見込み客がいれば動き出せばいいだけです。新規のお客さんを集めようと美容系の情報発信をしている人がたくさんいますけども。

 

ビジネスが上手くいっていない人のよくある失敗パターンは、ノウハウしか話していないことです。ググれば出てくる情報。そんなのみんな言ってるのです、みんな。

 

だからいかに自分にファンを付かせるか、「○○さんに会ってみたい!○○さんじゃないと嫌だ」っていうレベルまで持って行くんです。他の誰でもないアナタからサービスを受けたいと思わせるんですね。

 

この本質的な知識があったからこそ、僕は他ジャンルのビジネスでも関係なく儲かることができています。ライバル、ジャンル、流行り廃りとかマジ関係ないです。

 

この知識があるかないかで自分のビジネスが10年続くか、半年で終わるかが決まってきます。

 

エステサロンを開業する、そんな資金を最初にぶっこむくらいならまず基本的なビジネスの知識を学びましょう。そのままウェブだけで稼いで外見磨きにお金をかけるのもアリですし。

 

本気で実店舗をかまえたいなら、その稼いだ金で自分のお店をかまえるのもアリです。多額の借金を抱えて再起不能なビジネスは僕はオススメしません。

 

ネットビジネスはその点、ノーリスクハイリターンを得ることができます。失敗してもビジネスをしていた時間だけが失われるだけだし再チャレンジすることもできます。

 

決して再起不能になることはありません。既に美容系でビジネスしていて、

 

「リピーターが全然つかない」

「新規集客も全然こなーい」

 

って困ってるひとは僕に連絡をくれればと思います。無料メルマガをやっているので、そこから送られてくるメールに返信を頂ければって感じです。

 

無料メルマガはこちら←

 

このメルマガを読むだけでもかなり学べるので読む価値ありです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
ネットビジネスの関連記事
  • 情報商材が怪しい?進研ゼミだって情報商材でしょ。
  • ビジネス初心者用に稼ぐための再生リストを作ってみた
  • エステサロン経営で失敗してる人多すぎ。美容系で儲けるには?
おすすめの記事