こんにちは、まつもとです。

 

今回、大学休学して七ヶ月経った今。

 

休学したメリット・デメリットについて話していきます。

 

結論から言いますと、マジで休学して良かったです。

 

もう最高すぎる。

 

大学生はみんな休学すべきではないかと本気で思います。

 

ただ自分が休学に向いてるかってわかりませんよね。

 

周りに聞けるような友達もなかなかいないですし…。

 

そこで、ぼくが休学して7ヶ月経ってる今だからこそ話せる。

 

休学のメリット、デメリットについて経験をもとに解説していきます。

 

この記事を読めば、自分が休学に向いているのか、そうじゃないのかを決断できるヒントになるはずです。

休学を休学する不安

休学を考えるときって、色んな感情が出てきますよね。

 

僕も休学に対してネガティブな感情がありました。

 

「就活に影響したらどうしよ」

 

「大学の友達から仲間外れにされるんじゃないか」

 

「休学して何も得られなかったらどうしよ」

 

そういった心配がありました。

 

休学すると一年間の時間が与えられます。

 

しかし、大切な「1年間」という時間を無駄にするわけにはいきません。

 

ビジネスを始めるにしても成功するか、わからない。

 

一年後どうなってるんだろうっていう不安。

 

あと世間体が気になるっていう人間関係の部分。不安に思うことたくさんありました。

 

でも大丈夫です。それらの心配は僕の場合、杞憂でした。

大学を休学するメリット

なんと言っても一年間365日ですよ。

 

365日×24時間=8760時間。

 

膨大な時間が手に入ります。

 

ビジネスやるには十分すぎるほどの膨大な時間です。

 

ぼくの場合は、大学に通うのに5時間が失われていました。

 

実家が千葉県で、大学のキャンパスが埼玉の田舎にありました。

 

「一人暮らしすればいいじゃん」

 

って話ですが、もちろん親と相談しました。

 

しかし僕の姉が神奈川の大学まで往復で四時間かけて通い続けたのです。

 

なので、母から「姉ちゃんにもできたんだからあんたも出来るでしょ」と言われてしまいました。

 

「はっ?いやいやムリだわ」

 

と思いつつも、最初の一ヶ月は大学に通っていました。

 

でも、ぼくには耐えられなかったです。

 

朝の満員電車、朝5時に起きるのがめっちゃくちゃ辛いし。

 

「一つの授業の為に五時間かけてるとか絶対損でしかねえ」

 

と思い、結局どんどんサボるようになりました。

大学休学メリット①学生証がまだある

カラオケだとか映画とか行くにしても学割が使えます。

 

大学生してないのに学生証がまだ使えます。

 

それを提出すればちょっとは安くなるのでお得です。

大学休学メリット②生活リズムが自由。

朝五時に起きるとか無いわけですよ。

 

朝起きないと行けないルールはありません。

 

まあ基本的に夜中起きていようが問題無いわけですよね。

大学休学メリット③己と向き合える。

僕の場合は自分と向き合える時間は高3の時に作ってたんですけども、それが中々まず無いっていう人もいるわけですよね。

 

じゃあ自分が何やりたいかだったり、

ほんとに合ってるものって何なのか、

自分の人生の方向性もわかってきます。

 

だからその一年間で、ユーチューバーになりたいとか思ってたけど実際ブロガーとかの方が向いてたりするんだ、とか。

 

そういった自分がやるべきことだったり、やらなくていいことを試行錯誤できるのです。

 

例えば一ヶ月なんか試してみたりとかしても、別に残りの11ヶ月あるわけですから、失敗してもまた挑戦できますよね。

 

そしたら自分のやりたいことをどんどん見つけられるようになります。

 

でもぶっちゃけ、やりたいことって言っても基本的にないと思います。

 

結局は、得意な事がどんどん自分の好きになっていくっていう話になってくるので。

 

だからとりあえず自分の一ヶ月プログラミングでも何でもいいから、集中するべきです。

 

僕のおすすめは情報発信って言うか起業なんですけども。

 

起業っていうとなんか凄いハードルむっちゃ上がる感じがしますが、ブログ開設するだけで起業って言えちゃうとこあります。

 

で、どんどん情報発信して

それで稼いだらいいんじゃない。

 

一年間あればお金を稼ぐ仕組みは余裕で作れます。

 

その一年間で、お金に困ることのない人生を歩めるのであれば休学して損はないですよね。

 

休学して何をやるか?人それぞれのとこもあります。

 

けど、まずはお金を稼いだほうが絶対にいいじゃないですか。

 

困ることないし、自由な時間も得られるし。

 

「一年で人生の選択肢が増えるのであれば休学しよう」

 

「人生変わるんだったらやってやる」

 

という経緯で僕は休学しました。

大学休学メリット④就職に影響はない

これは僕の父さんから聞いた話ですね。うちの父さんが人事部の人なので、そういった情報を一応共有しとこうかなと思います。

 

就職だと面接があるわけじゃないですか。それで、

 

「大学時代、頑張ったことは何ですか?」

 

ってなったときに大学より休学して、一年間でこういう事をしました。という話ができるわけですよね。

 

その一年間で自分のプラスになる事を話したらそれこそ強みになります。

 

結構、就職をめっちゃ考えてる人って、

ちゃんと4年間通い続けて成績「優」を目指す人めっちゃいると思うんですけど逆ですね。

 

逆に休学して自分に与えられた時間に対して自分がどういった事が出来るのかっていうのはプラスになります。

 

普通に考えて、差別化になりますよね。与えられた時間でいかにコミットできるかアピールできるわけです。

 

しかも休学してる人自体、少ないんで。

 

それが弱点と捉えがちなんですけど、むしろ就職には強みになるよねっていう話です。

 

ちなみに僕は就職は放棄しています。

 

べつに僕は就職に対するいいとか、悪いとかって全然ありません。

大学を休学するデメリット

休学するとき初期費用がかかります。

 

僕の場合、13万かかりましたね。

 

13万だったらバイトすれば普通に集められますよね。

 

1年間の時間を買うとしたら圧倒的にコスパいいです。

同級生の友達が少なくなる。

今まで一緒に居た同級生が、ひとつ上の学年に上がってますよね。

 

下の学年と授業がかぶるっていうか、仲良くしないといけないかもです。個人的には、一人貫いていいと思います。

 

サークルだったら普通に友達と全然話せると思います。

 

逆に考えれば、どんどん人間関係が増える、友達が増えるっていう部分もありますよね。

 

けど大学にかからないから結果的に友達と接する機会は減ります。

 

その代わり、起業とかしたら価値観の会う人ばっかと絡むことができるのでそっちのほうが刺激的で圧倒的にk面白いです。

親に負担をかけてしまう。

初期費用とか出してもらうんだったら負担かもしれないですね。

 

多分、「この子大丈夫だろうかなあ?」と、そんな部分があります。

 

デメリットか…そんなないですね、実際。

大学休学すべきじゃない人

一番は大学がめちゃめちゃ楽しい人ですよね。これは休学すべきじゃないと思います。

 

ビジネスやるとしても、大学通いながらでもできます。

 

しかし、よく聞く話は例えばこれ大学がつまらんからっていう話ですよね。

 

何したいんだろうかなっていうなんか消極的な人。

 

自分と向き合える時間が手に入るっていう

積極的理由なら全然いいと思います。

 

大学がつまらないからずっと遊んでたいなとか、

ゲームずっとしてたいなとか、

講義受けるの面倒だしとか。

 

そういった理由だと、

逆に孤独が辛くなるだけなんで、

暇すぎてなにやればいいんやろってなります。

 

「結局、復学した方がよかったんちゃう?」みたいな。

 

友達と一緒に居たほうが面白いし、

楽しいしとかなってくるはずなので、

そういった意味で消極的で、

ほんとに目的も無いんだったら休学するべきではないです。

 

ほんとに時間の無駄でしかないです、そんな人は。

大学休学すべき人

休学すべき人は、

やりたいことが明確にある人だったり、

まあ世界一周は別に進めないですけど、

やりたいんだったらやればいいと思います。

 

世界一周するなら、

お金をまず稼いで時間を生み出して、

その生み出した時間で世界一周すればいいと、

ぼくはそういう考えです。

 

だって優先順位が違うじゃないですか、

稼いで時間作ったほうが絶対いいっしょっていう。

 

気分的にも、

「うわーこの旅が終わったらどうしよ…」

ってなるんじゃなくて、

「この旅おわったら次なにしよっかな」

のほうが楽しいですよね。

 

まあ本気で世界一周したいなら全然ありだと思います。

 

一年間ずっとナンパし続けたいのも全然ありだと思いますし。

 

プログラマーになるために、

そのスクールにずっと入って

プログラミング言語を習得したいとか。

 

エンジニアになりたいとかそういった理由もめっちゃありです。

 

あとブロガーになりたいっていうか、

僕みたいなに情報発信してそれで

お金を生み出す仕組みとか、

金のなる木をとっとと作って

早く時間を手にしたい、

労働から抜け出したいみたいな。

 

そういった人たちはガンガン休学すべきだと思うし、自分の人生の優先順位から見てもそれは即やるべきで。

 

そしたら、「大学に行く」っていうのが省かれて、

「大学が忙しい」

っていう言い訳が作れないですよね。

 

いや休学してたべっていう、

全然関係ないよねっていう。

大学休学するデメリット誰からも強制力がない。

誰からも強制がない。

ほんと自由な生活ができるので、

ダラダラしたければダラダラしちゃうんですよね。

 

これはもう僕が一番わかります。

 

なんか二日間ずっと人狼ジャッジメントやってるとかありました、ほんと時間の無駄やなって。

 

強制力がないぶん浪費しちゃいます。

 

そこはめっちゃ気をつけなくてはいけなくて、ちゃんとコントロールしないといけない部分です。

 

だから強制力をつけるために友達に「動画4本撮るから」言って。

 

撮らなかったら10万払うわ、と。

 

そういった強制力つけないと、僕みたいなダメダメ人間、クズい人間は働きません。

 

作業しないっていうか成長しないよっていう話です。

 

人間って怠惰な生き物なので、そんなに強い意志力持ってません。

 

人は危機感があれば、基本的に動けます。ブログを書かないとナイフを刺すぞって言われたら書くじゃないですか、極論ですけど。

 

このままだと話それるんで、大学休学に戻しますね。

大学休学する手続き

まず休学手続きの紙を受け取るってのがあります。

 

これは家が大学近かったらそのまま紙受け取ればいいんですけど。

 

僕の大学は埼玉の田舎にあって、休学したいときに僕は京都に居ました。

 

電話したんですよね、大学側に。

 

で、担任の教員と予定を合わせる必要があるわけです。

 

そこで教員とスケジュールを合わせないといけません。しかも教員とはキャンパスで話さないといけない。

 

これが唯一ダルかったですよね。

 

大学から休学届を取りに行って、

紙もらって本人のサインと保証人のサインですね。

それでハンコ押します。

 

それで当日、教員と面談します。

大学休学する真っ当な理由とは

ぼくの場合、

「自分やってるビジネスがあって、

それを集中的にやりたいんでそれやります」

って言いました。

 

教員「どんなビジネスしてるの?」

 

「サイトを運営してます」

 

教員「へぇー」

 

10分位の話で、休学オッケーになりました。

 

正直、最初は反対されるかなって思いました。

 

すげえ休学を止めに来るんじゃないかって、

めっちゃ思ったんですけどそんな事なかったです。全然ウェルカムでした。

 

ただなんか大学側として、

「どんな理由で休学するのか、データとりたい」

っていうだけでした。Fランだからか知らんけど。

 

だから結構デタラメって言ってますけど、話もあって無いようなものでした。

 

ほんの10分の話で休学していいよと言われて、休学に大きなハードルを感じてたんですけど呆気なかったです。

 

一番ハードル高いのって僕の場合、

親との掛け合いになってきました。

 

そこさえクリアすれば休学は余裕です。

大学休学すれば十分に人生は変える

これ休学のメリットにもなるんですけど、

すげえフットワークが軽くなるんですよ。

 

ぼくも、

「え?俺どれくらい移動してんだろ」

ってなっています。

 

まず京都いくじゃないですか。

で、東京戻るじゃないですか。

 

また東京に住んで、

次に福岡の博多行ったんですよね。

博多ラーメンとモツ鍋を食べにいってました。

 

で、そっからまた東京に帰って、

僕が尊敬してるビジネスの先生がいたので

その方や成功してる人に会いまくってました。

 

ぼくは情報感度が普通の人よりは高いので、

なんか情報が入ったらすぐ行けるような状態にしていました。

 

そういった意味でも、

どんどんフットワークは軽くなりましたよね。

 

あと予定とか、まあ自分が何やるべきか

計画は立ててるんですけど、

自分で時間が作れるので、どんどん行動がしやすくなりました。

 

それが更にスピードアップさせました。

 

こんなこと言ってますが、

まだまだ行動が足りないと自分は思っています。

 

やっぱり怠けてしまう部分があったりして、

ほんとに無駄な時間をゼロにできてるか

って言ったらまだ見直すとこあります。

 

けどフットワークが軽くなってから、

人との関わりもめっちゃ広がって、

最近はクラウドソーシングの

お仕事に関わるみたいな話もきました。

 

だから人生面白いです。

もう最高すぎる、ほんとに。

 

だから、そういった意味でも

休学した1年は劇的に変わるはずです。

 

下記の記事とか、時間の大切さを語っています。

人生のレベルを変えたい人は読んでみてください。

昨日の自分より成長してますか?
2018-09-16 18:00
こんにちは、まつもとです。 ぼくは今、ネットを駆使して 複数のメディアを持っています。 最近はクラウドソーシングのサービスも携わってたりしてます。 また他にも大阪に店舗をもつ ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
物語の関連記事
  • 18歳で親のクレジットカードを勝手に使ってビジネスを学んだ
  • 月収70万になって。ぼくの理念である人生賛歌とは?
  • 18歳で起業して人生豊かになった、ウソのような本当の壮絶物語。
おすすめの記事