どうも、自動で月収200万円の松本です。

 

今でこそメルマガなりブログなり書いたら、コメントやメールを読者の方からたくさんいただくわけですけど。

 

以前は、6ヶ月間まったく読者からコメントも返信もされないで音沙汰なし。

 

「あれ?このブログって読者いる??いなくね?」

 

「アクセス100来てるけど、この数字ほんと?なんか反応ないし、やってて楽しくないな。やりがいないし…」

 

そう思っていた時期もありました。

 

ファンもいないとコメント来ないし、モチベも続かないし。自分がなんのために情報発信しているのか?これやってる意味ある?と思ってしまって辞めたくなりますよね。

 

気持ちめっちゃわかります。しかし、たった1つの考え方を取り入れたおかげで6ヶ月間まったく音沙汰なしだった僕でも現在はファンが増えて売上も右肩上がりです。

 

ブログのアクセス数が少なくても、ファンになってくれる方が多いので10万円以上の高単価な商品もバンバン売れるようになりました。

 

今回は、僕が月収100万円以上を稼げるようになった秘訣でもある。

 

ファンも劇的に増やす方法についてサクッと2分くらいで読めるボリュームで解説します。

ファンを劇的に増やす方法

結論から言うと、

 

『自分も苦しかったエピソードを書いて、あなたことちゃんと理解している』

 

これを読者に伝えることができればファンになってくれます。

 

例えばダイエットであれば、

 

『私もめちゃめちゃ太ってた時期があってつらかった。太っていてとてもつらかった。やせたいけど、つい食べちゃう。

 

会社で上司がいて、その上司のストレスがもう嫌すぎて、上司からのいろんなことがすごいストレスで、そのストレスを消すために食べてダメっていうのはわかってるんだけど、でも食べないとやってられないし。

 

でもまた自己否定しちゃうし、なんか私ダメな奴なんだって、どんどん自信なくなっていくんですよね』

 

といった話をするだけで、

 

「この人だったら私と同じような悩みを持っているから、なんかすごい理解してくれそう」

 

「この人に付いていったら私の状況もふまえたうえでなにか提案してくれるんじゃないか」

 

って読者は思ってくれます。

 

ここで大事なのは、読者が「自分のことを理解してくれてるんだ」って気持ちにさせることです。

 

他にも大学受験で情報発信をするとしたら、

 

『どんな勉強をしても全然成績が上がらない。なんかいろんなことを試してみたんだけどまるで伸びない。

 

教科書丸写ししてみたり、長文読解とかめちゃめちゃ解いてみたり、ポレポレ解いてみたり、発音のアクセントの問題をひたすら解いてみたり、とかやったんだけど全然成績が伸びない。

 

だけど、あるとき勉強法のやり方を知ったことによって成績が上がるようになりました』

 

ていうような話をしたら、

 

「このひとについていったらオレみたいなダメ人間でも、勉強センスがない人間でも成績が伸びるんじゃないか?」

 

と思ってくれるケースが多いです。

 

「自分も成績が悪くてつらかったんです」

 

ていう相談がくるわけですよね。受験生からしたら「共感してくれ」って思うわけですから。

 

もしこれが、

 

『成績なんてすぐ上がる楽勝。東大なんて猿でも受かります』

 

なんて発信してたらオレの気持ちなんてわかるわけないって思われて話さないですよ。

 

本音をしゃべってくれません。本音をしゃべらせないと財布の紐は緩みませんからね。

 

だから本音をしゃべらせるのは超大事です。

 

どうやって本音を話させるかというと、この話をしたら共感してくれるだろうなっていう伏線を張るわけですね。

 

例えばモテ系の発信で言えば、めちゃめちゃイケメンでめちゃめちゃモテて、だけどモテる努力なんてしたことない。

 

「オレ生まれつきイケメンだからね」とか言ってる人に対して、童貞の人が

 

「自分ちょっとどうやったらモテるのかわからないんですよね」

 

ていう相談するの無理なわけです。

 

イケメン「え?20代で童貞とかマジで言ってんの??」

 

とか煽られたり、ディスってくると思ってしまうから。相談しても解決してくれなそうだし、なんか共感もしてくれないだろうなって思うわけですよね。

 

お前はイケメンだからそもそも悩むことないだろって発想になるわけです。

 

もともとあんまりキレイではない女性が橋本環奈みたいなきれいな女性に、

 

「どうやったらモテるようになるか教えて下さい!!」

 

って聞かないわけですよね。あなたのことを理解していますからって思えないから。

 

だからとにかくあなたのことをわかっていますよっていう話をしてあげることがすごい大事です。

 

他にも、アトピーで例えるなら、

 

『ステロイドとか軟膏とか試してみたり、なんかいろいろ漢方とか西洋医療とか食生活とかも見直してきたけど全然ダメでした。でもこれをやったことによって治りました』

 

っていう話をしたら、読者のひとは「自分のアトピーの肌見せても大丈夫じゃないかな」とか思ってくれそうですよね。

 

とくに女性とか肌が荒れてるとか、相談しにくいじゃないですか。

 

いきなり初対面のひとに「私アトピーで肌ボロボロなんですけど」って相談できないんですよね。

 

だってそんな相談したら嫌われるかもって思うからです。

 

だからこそ、「自分はあなたのアトピーを絶対嫌いません」ていう自己開示が必要になるわけです。

 

アトピーつらいよね、べつに何も悪い子としてないのに生まれつき肌ボロボロとかマジやってられないよね。ていうスタンスで発信していると、このひとになら本音で話せるなって思うわけです。

 

読者があなたと本音で話せるような関係になったら、お金を使って習いたい、会いたいと思うようになります。

読者は常に共感してくれるひとを欲している

「私は実はアトピーってことを元カレに言ったら、言葉では『俺は大丈夫だよ』みたいなこと言ってたのに、だんだんテンション下がってて、悲しかったです」

 

って話をしたときに、「ふーん、そうなんだー」そうテキトーに返されるひとか

 

「え〜めっちゃつらかったよね〜。私もそういう経験があって服脱いだときにうわっみたいな顔されて、あのときの記憶がショックで頭から離れなかったんですよねー。

 

でも今はアトピーでも理解してくれる旦那さんと結婚できて本当に幸せなんだー」

 

とめっちゃ頷かれながら話を聞いてくれる人だったら圧倒的、後者ですよね。

 

そういった苦労話のエピソードを話していると

 

「どうやったらそんな理解ある男性と出会えるんですか?」

 

って、いろんなこと聞かれます。

 

相談のDM、メールとかめっちゃくるようになります。

 

こういうライティングをブログやメルマガなどyoutubeでもそうで、苦労話の話を作っているとめちゃめちゃファンがつきます。

 

たいていのひとは「あなたのことを理解している」って相手の悩みを言語化していません。

 

だからファンが少なくて商品も成約されないし、売上が伸びない。

 

読者から本音を引き出すことができないから、わけわからない情報発信をしてしまうのです。

 

なので自分が苦しかったエピソードをひたすら入れるのってすごいファンになってもらいやすくて。

 

読者から、とにかくこのひとになら、いろんなことを話せるだろうなって思ってくれることがマジで重要です。

 

それさえすれば、ファン増えるし成約率も飛躍的に伸びるし、収入もわかりやすく上がりますからね。

 

この苦労話ですけど、具体的に書けば書くほどいいです。

 

「めっちゃこのひと面白い!神!!私のこと理解してくれそう」って思ってくれますから。

 

ぜひ情報発信してるひとは今日から実践してみてください。では!

読者レビュー☆4.3の書籍が読めます

先日、生まれてはじめて電子書籍をKindleで出版しました。

  

18歳で起業して、大学在学中に月収200万円を稼ぎ。

  

今ではヘラクレスオオカブトのブリーダーをしたり、アフリカでゲストハウスの運営もしているという変わった経歴です。

 

そんな変わった経歴を持っているので、起業して5年以上経って今までの経験や知識を書籍にまとめてみました。

 

Amazonで約1200円で出版して、おかげさまで650人以上の方に読んでいただいています。

 

数え切れないくらいたくさんの方から感想をいただいていて

 

『今まで本を一回も読破したことがなかったけど、この書籍は面白くて最後まで読み切れました!』

 

『最後のシーンがとても感動して号泣しました』

 

という声もあり大変好評です。

 

現在出版キャンペーンで無料で手に入ります。

 

小説のように物語形式なので、スラスラと20分程度で読めます。

 

この書籍を読んで人生を変えた方もたくさんいるので、ぜひ今のうちに手にとってみてください!

   
ノウハウの関連記事
  • 【超有料級】会員登録ページを漫画に変えて登録率が10倍変わった事例
  • 【最強の外注戦略】1記事300円で5000文字の高クオリティの文章を書いてくれる方法
  • ファンを劇的に増やす方法とは?これやるだけで売上アップします
おすすめの記事