こんにちは、まつもとです。

 

この話は僕が21歳で大学を休学していたときの話なんですが、なぜFラン大学生でヘッドハンティングされたのか?って結構気になると思うんですよね。

 

で、簡単に言っちゃうと、僕がとあるバーでお店を手伝っていたときに来店していた経営者の方がいて店長から紹介してくれたんですよね。その人がたまたまIT企業をやっていました。

 

僕は、この「まつもと」っていう名前でブログ発信もしているんですけどそれ以外の名前でも当時ブログを所持していました。で、当時やっていた恋愛系のブログを見せて「これで稼いでます」言ったら、そうしたら単純にこいつちょっと面白そうだなと。

 

そっから僕と絡んでくれて、「うちの会社で働いてみない?」とか、「働けるよって言ったらどうする?」とか言われました。これ何兆円とかの規模を目指す会社ですね。

 

そんなこと聞かれて、「え、まじっすか?」って思ったんだけど、当時僕にとって魅力は薄かったんで行きませんでしたが、その代わり報酬を貰いつつ月1でコンサルしていました。

 

そこで思ったのは就職したい人にとってはかなり美味いなと。だから人脈を作るためにビジネスをやるって実はすごくコスパも良いです。

 

わざわざ面接する必要もないし、スーツも着なくていいですからね。人脈が欲しいとか人に会いたいとかいう人は、情報発信ビジネス、ブログとかyoutubeとか自分のメディアをもつとかなり強いです。

 

バーの繋がりとか問わず、そのときやっていたメルマガ読者さんと飲み会をやったことで、

 

・商社

・営業

・ファイナンス系

・元トヨタ社員

・ホスト

・出版社業界

・サイバーエージェント
・歯科医
・作曲家

 

などなど、僕はいろんな会社と単純にコネができました。これは大学生のときから仕事していた恩恵ですね。

 

で、僕がもしダラダラ大学生やっていたら絶対にこんなのありえなかったなって思います。まじでFラン大学ですからね。書類をみて誰が雇うんだいっていう。笑

 

そんな僕だからこそ言えるんですけど、就職の本質ってコネなんですよね。

 

会社サイドから見たとき、つまり会社にとって即戦力であれば、即採用。っていうシンプルな話なわけですよ。

 

面接っていうのは、「この人はうちの会社に入って人件費以上の利益が上げられるかな?」っていう確認をしたいわけですよね。要はそれさえわかっていれば受かるんです。

 

「ビジネスをやる=他人にメリットを提供する」ことですから、他人にメリットを提供できないビジネスはビジネスとして成立していません。なのでA社にとって即戦力でもB社にとって即戦力じゃないときがあるわけですよ。そしたらB社には雇われないんですね。

 

話を戻しますけど、一番もっとも簡単に就職できる方法ってコネクションです。結局は、人脈ゲーですね。

 

僕みたいなショボ大学は早慶とかに勝てませんからね。正規のルートではない、新卒一括採用で高学歴な人たちと同じようにスーツ着て面接に行っていては厳しいです。

 

だから逆に学歴がなくても目立ったものがなくても会社の意向がわかっていて即戦力とさえなれば速攻で採用されます。優秀な人間ってマジで希少です。

 

僕が言うのも違和感ありますが、世の就活生は求められる人材を知らない問題がありますよね。

 

就職活動してるんだけど何が求められてるのかわかんない…、だからTOEICをやりまくるとか典型的失敗パターンです。たしかにTOEICには需要あります。

 

けどTOEICがあるからといって英語が喋れるわけではないと採用側もわかっているのです。じゃあなぜTOEICを必要以上に重要視されるかと言いますと、足切りラインを作りたいからなんです。

 

だからTOEICの点があれば面接にいけるというだけで別に採用条件ではないんですよね。だから、いったいどんな人間が求められているのかっていうのがわかってるとすごい楽です。

 

これは僕が、人を雇っていたりするからわかるんですけど、そんなに優秀な人って多くはありません。ただ、「俺、優秀なんすよ」っていくら語ってても信用されないじゃないですか。

 

だから結論から言うに、僕みたいにブログ書くことかなりおすすめです。

 

簡単にウェブマーケティングも学べて、しかもブログを書いたりとかTwitterで情報発信したりとかやっていると、単純に色んな人が見ますからね。この人が見るっていう時点でコネができていきます。

 

実感が沸きにくいかもしれませんが情報発信ってコネクションができるんですよ。Twitterも正しいやり方でやっていたらどんどんフォロワーが集まってきます。

 

そしたら、そこで利益を上げるとかじゃなくてそれ自体がもう価値なんですね。

 

だから長期目線でブログやyoutubeで情報発信をしているとですね後々、超楽なんですよね。ブログとか、面倒くせえなーって思うなら最初はTwitterでも全然大丈夫です。

バイトの面接で落ちてもヘッドハンティングされる

 

僕とかマジでだめだめ人間でしたからね。面接とかハードル鬼高いです。いっかい金なさすぎて、パチンコのアルバイトとか申し込んだときがありました。

 

誰でも受かるとか聞いてたのに何故か落ちましたからね。相当、挙動不審してたんでしょうね。

 

今は余裕でコミュニケーションが取れますが、昔の僕は基本的に人の目見て話せなませんでした。女の子にビビるのはまだわかるんだけど、同級生の男にもオドオドしていましたからね。

 

そんな人間が会社からヘッドハンティングとかちょっと面白いじゃないですか。だからぜひブログとかやって情報発信をしてほしいなって思います。

 

ブログを書くときって仲間がいると結構楽です。誰か仲間を巻き込んでやれたら良いと思います。たとえば今、大学123年とかで暇だなーっていう人は、インターンに行ってみてインターン実践記みたいなものを、無駄だと思ってもいいから書いてみるだとか。

 

そういうのあっても面白いなって思いますね、僕が読者なら見ちゃいますもん。ちなみにブログはちゃんとやり方わかれば数百万稼げます。僕の知り合いの方でもブログから月数千万稼げているので、ちゃんとやればマジ稼げる市場です。

 

しかも僕のやってることって稼げる、人脈できる、情報集まる、人集まる、お金集まる、影響力出る…っていう最高の状態ですからね。超可能性ありますよ。

 

僕の知り合いの人も、ブログで20万の利益を上げている人がいました。

 

そのブログを見た人が「うちで一緒にやろうよ」みたいなことを言ってきて、月80万の給料もらってヘッドハンティングされて実際働いてました。

 

しかも副業オッケーとのことで、給料もらいながら自分の情報発信もしつつ+αで収入を得ています。

 

その人は真の意味での安定を手に入れていました。真の意味での安定って、大企業に勤めるとかではなくて、もういつでもどこにでも行けるっていう状態ですね。

 

「それって理想だろ」とか、「そんなこと一般的な人間はできない」って思うかもしれないけど、ブログ書くとか正直誰でもできるし、本当に結局やるかやらないかです。

 

就職したいとか人脈作りたいとか言ったら、異業種交流会とか行く発想とか出てくると思います。

 

けどそれって全然本質じゃないんですよね。ただ異業種交流会に行っても人脈になりません。そもそも興味持たれないです。

 

けどブログを書いてて異業種交流会に行くとすごい効果を発揮するんですよ。

 

「自分ブログやってて、いまブログ収益が○○円あります」って異業種交流会で名乗ると、「え、まじっすか?やばいっすね、ちょっとブログのやり方教えてください」とか言われます。

 

それでコンサルティング売ってる人とかもいました。僕は今はもう異業種交流会は面倒くさくて行ってないですけどルーキーの人は良いかもしれないです。

 

この記事で結局なにが言いたいかというと、力があれば採用されるって話ですよね。ただこれ現実で、力なくして採用されるのは不可能です。

 

ビジネスの良いところってマジで実力勝負なんですよ。最初は能力ないから一円も稼げません。

 

けど、勉強して力つけて知識つけてってようやく稼げるようになるわけです。稼げるようになってしまえば、本当の意味で実力つくので、就職も困らないし自分で起業しても上手くいきます。

 

まー話がだいぶ逸れましたけどコネの作り方としてブログは有効ですよ、と。

 

結構良くないですか。結局すべては差別化です、月収20万ブログで利益上げてますって人は、面接にくる人間の1000人に1人くらいしかいません。

 

だから自分それなっちゃえばいいじゃんっていう。1000人に1人しか採用されないのであれば1000人に1人の人材になればいいだけの話です。これは難しいかっていうと実はそうでもありません。

 

利益を上げてしまえば圧倒的に上位になれるんで。なので独立してるってのは強いですよ。

 

独立して利益をしかも不労所得であげてる。これもう尋常じゃないレベルで企業から求められますからね。20万の利益でも余裕で求められます。

 

しかもブログは資産になりますしね。こんな良いことは無いです。っていうことで本当に安定したい人はガチで起業を目指すっていうのがオススメですね。そうなると収入が10倍になったりします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
本質系の関連記事
  • これさえ投資してれば月70万なんて余裕よ。
  • 成功する人は行動する前にたった1つこれをやる。
  • 人生賛歌するには時間がまず必要でしょ
おすすめの記事