こんにちは、マツモトです。先輩の起業家に誘われてイタリアへとひとっ飛びしてきました。

 

今回はベネチア、ローマ、ミラノのコースです。ドバイを経由して、ベネチア・テッセラ空港へ。ここの空港wifiは一応通っているのですが、SIMカードが置いてなくて焦りました。

 

simカードは空港で買えるから大丈夫でしょと油断してたらアカンかったパターンです。

 

友人がグローバルwifiを持っていたので、なんとか宿泊先に向かうことができましたがなかったらめっちゃテンパっていました。

 

ベネチア本島に行けばあちこちにsimカードが売っているので、まず本島にタクシーで向かうか。日本であらかじめヨーロッパ全域で使えるsimカードを購入しとくのをおすすめします。

 

ベネチアは空港の近くのAirbnbを利用しました。

 

タクシーから降りて住宅街で迷っていると、わざわざ管理人さんから手を振って迎えてくれてめっちゃ優しい方でした。

 

家に荷物をおいて、そのままベネチア本島へ。しかし空港に近すぎてタクシーがいません。笑

 

そこでバスを使うことにしました。本当はICカードを用意するかチケット売り場であらかじめ払っておかないといけないのですが、、そんなことは知らずに乗車。

 

僕「(後払いでなんとかなるっしょ)」

 

・・・

 

僕「(あれ?みんなピッピッてカードやってるわ)」

 

・・・・・

 

そしたら観光してきてる外国人が乗車してきました。窓口にて先払いをしている模様。

 

僕「(俺らヤバくね?w)」

 

そして約20分かけてベネチア本島へ到着。バスの運転手のとこへ向かい、

 

「I have not payed ticket money. How much money from ○○?」(まだバス代はらってなかったんやけど、○○からいくらなの?)

 

って下手くそな英語で聞くと、めんどくさそうに「No」と言われて払いたいのに結局払わせてくれませんでした。笑

 

僕らがチケット代を払おうが払まないが運転手の給料は変わらないため、余計な労力はかけたくなかったんでしょうね。

 

日本は真面目に請求するけども、イタリアはそのへん不真面目なんだなと思いました。会社側からすれば、ふざけんな!って感じですけどね。

 

ってことで、ベネチアのサンマルコ広場に到着です。

まさに水の都。

 

なんか既視感あるなーと思ったらディズニーシーのモデルになったり、ポケモン映画のラティオスとラティアスの奴に出てたりしてたのを思い出しました。

どれも美しい。大聖堂が圧巻の景色すぎる。

 

そしてお腹が減ったのでランチに。

 

ここの生ハムがめっちゃ美味い。

 

普通の生ハムってペチャってしてんだけど、ここの生ハムはふわふわしてんの。もういくらでも食えますね。

 

そのまま、はしごしてイカ墨パスタを食べにいきました。

 

イタリア人より観光客が多かった。

イカ墨パスタ…話には聞いていたけどそんな美味しくないです。笑

 

しばらくゆっくりして日本人が経営しているレストランへ行きました。

 

ここの生ラザニアと写真に載ってる奴が鬼ウマでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘ Tomorrow we will be opened from 11:00 AM to 18:00 PM🙋🏼‍♂️ . . Domani siamo aperti dalle 11:00 alle 18:00🌵🌵

A LE BANDE |Osteria Veneziana|さん(@a_le_bande)がシェアした投稿 -

その日だけでワインを7,8本くらい空けていました。今まで一番お店でワインを開けたそうです。(先輩方つよすぎw)

 

ぼくは風邪をひいていたので全然飲めませんでした。その代わり鍵当番ですw

 

なぞにお店の歴史を刻んでしまいました。

 

そしてタクシーで部屋にもどって就寝。

 

翌日。昼頃に起きて、またパスタ。

美味かった。

 

ジェノベーゼが好きな僕としては最高だった。

 

田舎のレストランみたいなとこだったから店員さんが日本でいう優しい定食屋のおばさんみたいなノリで超心地いい。

 

他の店では、たまに塩対応だったりしたからサービスがいいだけで満足度高い。

 

で、次はサンタルチア駅。

「音楽の教科書で見たやつー」ってなりました。

 

このサンタルチア駅からローマへと特急列車で向かいます。

 

シートの選択によってラウンジが付いていました。

 

ラウンジのソファーでうたた寝していても、スタッフさんが「時間、大丈夫ですか?」(英語)と尋ねてきてくれるのでめっちゃ楽です。コンセントとwifiもありました。

 

ベネチア→ローマ(移動)だいたい3時間くらい。

この3時間のあいだで、もしタニタ食堂みたいに「ダイエット×食事」をコンセプトにビジネスするなら?という話題があがりました。

 

ジムのすぐ近くに食堂があったらいいよねって話から、

 

「でもやっぱり固定費は極力かけたくない」

 

という話になり、

 

「じゃあuber eatsにして弁当にしちゃえばいいじゃん。ってか店舗も弁当もどっちもやればよくね?」

 

といった話に着地しました。

 

で、そのころにはローマに着いて夕方。

 

ローマには高層ビルがありません。

 

これはベネチアもそうだったんですが、なぜかというと高層ビルを建てると景観が崩れるからだそうです。

 

日本でいう京都と同じですね。京都では緑色のファミマや赤色のマックも茶色仕様になっています。

 

そのまま夕飯がてらパスタを食べて。帰りには神々しい建築物が…!

思わず写真を撮ってしまいました。

 

 

読者レビュー☆4.3の書籍が読めます

先日、生まれてはじめて電子書籍をKindleで出版しました。

  

18歳で起業して、大学在学中に月収200万円を稼ぎ。

  

今ではヘラクレスオオカブトのブリーダーをしたり、アフリカでゲストハウスの運営もしているという変わった経歴です。

 

そんな変わった経歴を持っているので、起業して5年以上経って今までの経験や知識を書籍にまとめてみました。

 

Amazonで約1200円で出版して、おかげさまで650人以上の方に読んでいただいています。

 

数え切れないくらいたくさんの方から感想をいただいていて

 

『今まで本を一回も読破したことがなかったけど、この書籍は面白くて最後まで読み切れました!』

 

『最後のシーンがとても感動して号泣しました』

 

という声もあり大変好評です。

 

現在出版キャンペーンで無料で手に入ります。

 

小説のように物語形式なので、スラスラと20分程度で読めます。

 

この書籍を読んで人生を変えた方もたくさんいるので、ぜひ今のうちに手にとってみてください!

   
物語の関連記事
  • アイドルのTシャツと一番くじを転売して30万円稼いだ話
  • 月収70万になって。ぼくの理念である人生賛歌とは?
  • 大学休学して7ヶ月たった今メリット、デメリットまとめてみた
おすすめの記事