こんにちは、まつもとです。

 

僕の人生賛歌っていうのは、「常に新しいことに挑戦すること」なのですが。

 

そのためにはまず時間てのが必要になります。

 

例えば、自分の人生のテーマがピアノを極めることだったらピアノを弾く時間っていうのが一番重要になる。

 

でも自分で稼ぐ手段がなかったら、ピアノだけ弾いて生きていくのは難しい。

 

あなたの時間ていう価値を代わりに提供して”給料”とでしかお金を受け取ることができない。

 

僕はお金より自分の時間のほうがめちゃめちゃ重要だから、お金という部分を自分が働かなくても自動で収入を得るように仕組みをつくった。

 

そして今、時間とは別に価値を提供することで、新しいことにチャレンジできる時間を生み出してる。

 

そう考えると僕の時給は∞になる。自分で稼ぐことができれば、収入は青天井になる。

 

アクセスからお金に換えることができるから、もっと売り上げを上げたかったらアクセスを増やせばいいだけ。

 

まあ広告をうってアクセス集めちゃえばマネタイズ(お金に変換すること)できるし、金が一切無くても、ぶっちゃけ気合いだけアクセスは集めることはできる。(戦略を組み合わせたら最強)

 

この自動で収入が入ってくる状態をいかに早く作るかがカギ。ただいつ始めても遅くはない。

 

でも行動が早ければ早いほど優位になることは間違いない。

 

流行り廃りというのは一応あるが、僕が推奨するビジネスは飽和す

るがまずない。

 

なぜなら個人の価値を売っているから。(売春とかじゃなくて)

 

人それぞれ体験してきたこと、考えていることが違うんだから、まんまパクれるはずがない。

 

ノウハウだけを売るのとは次元が違う。

 

それで僕は、情報発信というのを高3のときに始めた。

 

当初は何も実績がない、何を発信すればいいのか分からない。

僕がいま教えてるコンサル生もそんな状態だった、気持ちもひじょーーにわかる。

 

僕も最初の頃なにを情報発信すればいいのか分からなかった。

 

ただそのときは高3の夏で、受験勉強めっちゃしてたから「英語なら教える自信ある!」ってなって。

 

受験勉強するのをやめて、情報発信の仕方を学びまくって自分の英語の情報発信にどう活かそうかってやっていた。

 

自分でビジネスできる世界を知ってから、大学に行く必要がないと思った。だから受験勉強をいったん捨てた。

 

情報を遮断してビジネスという世界にハマった。おもしろすぎて1日中、情報発信のことしか考えていなかった。

 

高校の授業中はスマホでブログ記事を読み漁り、みんなが帰った放課後は教室でビジネスの音声を聞いて。

 

もう自分が成長しまくってることに嬉しすぎて武者震いした。毎日が楽しすぎてヤバかった。

 

周りがあくせく受験勉強しているなか、自分はこんなにも楽しくビジネスを学んでしまっていいのか!?

 

と、若気の至り的な部分もあって、めちゃめちゃ優越感に浸っていた。

 

今思えば、英語と情報発信についてのブログを並行にやれば面白かったなとか思ったけど、まあ純粋におもろかったからオッケー。

 

あなたの今までの人生を振り返ってみれば、何か一つでも得意なもの好きなことっていうのはあるはず。

 

自分が別にそこまで価値のないことだったとしても、友達から「すげー!!」と言われたことでも十分にコンテンツになる。

 

ちょっと人より得意なものがあればいい。

 

情報発信している人で、小学校で習うことをわかりやすく解説しすることでお金をもらっている人もいる。

 

情報発信するネタとしてわりと何でもいいとこはある。

 

しかし今の時代、選択肢がありすぎて困るっていうのと市場にある需要をどれだけ掬い上げることができるのかが大事。

 

でも難しく考える必要はない。

 

今、学んでることでも情報発信することはできる。1か月間それしか勉強しない情報に触れないとしたら、その分野で大衆の群を一気に抜ける。

 

ていうか学びながら情報発信するっていうのが実は一番強い情報発信の仕方である。

 

自分が実践していて躓いたところ、分かりにくかったところ、全てがネタになる。

 

ぶっちゃけズルい。そのときの葛藤、気持ちをまんま丸出しできるのは強い。

 

僕の場合、そのときの記憶を思い出さないといけない。別のメディアを持っているけど、新鮮なうちに書くのが一番。

 

やっぱ当時の記憶とか感情とか鮮明には思い出せない。

 

「ドメインの取り方」なんかもいまさら記事にするにしても、だいぶハードルが高い。

 

うん、全然カンケーないこと話してた。笑

 

とにかく学びながら、インプットしながらアウトプットすればネタに困ることはない。

 

失敗もネタになってもう何が失敗なの?ていう感じになり、ブログやyoutubeなどのメディアがハイパー強いものとなる。

 

いつのまにか記事数も100いってグーグルさんから評価が高いものになって。

 

何でもいいから、あるキーワードで検索のトップページに出たら、それだけでも実績になるし。

 

記事書いてる途中、学んでる途中で成果が出たりお金を稼いだらそれすら実績になる。

 

月収30万とか100万とか関係ない。そんな表面的な価値だけ押しても、みんなもう見飽きてる。

 

だから実績とか正直関係ない。過去の自分に教える感覚でブログやらツイッターやらyoutubeやらなんでもいいけど。

 

情報発信をしてたまたま、あなたを見つけた読者さんが同じような躓き方をした場合。

 

その人にとって、あなたはかけがえのない先輩になる。

 

「君じゃなきゃダメなんだ!」状態になる。

 

それでずっと読み続けているファンていうのが、あなたの商品を買ってくれたり企画に参加してくれたりする。

 

あなたが周りと比較しても突出するものがない、何も浮かばない、得意なことがなければ1か月学べばいい。

 

1か月で人生は十分に変わる。もし今、僕が何の知識もなかったら間違いなく学びまくる。

 

お金に興味があるなら、ビジネスの勉強しながら情報発信すればいいし。

 

筋トレに興味あるなら、筋トレの勉強しながら情報発信すればいいし。

 

まー何でもいける。何でもいけるなら自分が一番好きなことで情報発信することが一番ですよね。

 

情報発信していても嫌いなことだったら、アルバイトというか労働と変わんないので。

 

今回の言いたいことは、自分がやりたいことをやるなら時間っていうのが、まず何よりも重要になるってこと。

 

べつに実績が皆無でも、あなたが辿った軌跡だけでも十分に価値になること、この2つですね。

 

情報発信していれば、人生おもしろくなること間違いないのでやらないと損です。そんじゃ、今日はこの辺で。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
本質系の関連記事
  • 今後生き残る仕事とは?事務、技術、営業系の仕事はなくなる。
  • アメリカの教育方針をネットビジネスに取り入れると人生豊かになる。
  • 自分より他に凄い人がいてどう情報発信したら勝てるのか?わかりやすくアイドルで例えると
おすすめの記事