こんにちは、まつもとです。

 

社会でいったいどんな人間が求められているのか?っていうのがわかるとすごい楽です。

 

僕は今の社会で求められる人材としてウェブマーケティングを徹底的におすすめします。

 

ウェブマーケティングって何なのか?というと、ネットビジネスですね。もっと言うと情報発信力です。

 

ウェブのマーケティングスキルは情報発信能力が高ければなんとかなります。情報発信力って要は喋りとか書きとかですね。つまりアウトプット力です。

 

アウトプット力って当たり前ですがインプットに支えられいます。だから知識が無い人間には情報発信はできません。なので知識入れては出す、入れては出す。これを面白く出す人間がめちゃくちゃ強いです。

 

さらに何でウェブマーケティングをおすすめするかっていうと、まず原価がかからないからです。原価がゼロでビジネスができて利益をあげれます。

 

例えば旅館にウェブマーケティングを組み合わせる場合、ほとんどの旅館とかウェブが下手すぎて集客できていません。だから旅館は集客できる人材を求めています。そこでウェブマーケティングがすぐ活きる。

 

それでいて会社の利益が上がるから、自分で利益を上げれるウェブの人間は強いですよね。だから利益の上げ方がわかりませんっていう人は勉強するしかありません。

 

「そんなこと普通の人はわかんないよ」

 

「まつもとはセンスがあったからできたんでしょ」

 

って言う人はもう残念ながらあんまり伸びないです。僕はもう仕方ないから勉強するしかなかったんですよね。

 

知識が無いってことは圧倒的に不利です。知識があれば1秒でわかることも知識がないと1年かかってもわかんないです。これが知識がないことの恐ろしいことです。

 

資本主義社会で求められる人間になっていれば無敵なんですよ。シンプルな話です。

 

恋愛市場でも、太ってて清潔感ゼロでって人がモテるわけないですよね。それと同じように、太ってて清潔感がなくても、類稀なる能力がある人間はモテるのかもしれません。

 

けど、そういうの目指すよりも手っ取り早くしたほうがいいじゃないですか。手っ取り早くモテたいなら、まずは安パイを攻める。このビジネスの世界も一緒で利益を上げれる人間っていうのは誰でも求めています。

 

「御社に入ったら、今まで利益が100万しか出てないのを300万にしますよ」って言われたら欲しいですよ。僕でも採用します。300万の利益を上げてくれるんだったら100万ぐらい払いますよね。だって200万出るわけじゃないですか差額。超いいじゃんって。

 

それをやるためにもウェブマーケティングはかなりおすすめです。しつこいくらい僕はウェブマーケティングを推していますけど、単純に良いと思ってるんですよ。

 

ビジネスやる上で、たとえば整体院とかエステとかそれでウェブマーケティングできないのはやばいですよね。自殺行為ですよ。

 

ビジネスで大事なのって固定費ですよね。固定費をいかに抑えるかが重要です。固定費がかかりまくる人件費とか不動産の賃料とかってほっといても絶対かかるんです。

 

これって恐ろしい話で、不動産とかオフラインはお客さんがゼロでもかかるんですよ。飯屋やってます、でもお客さん来ません、これでもお金はかかっちゃう。これ超やばいですよね。

 

なのに原価のかからないビジネスはなぜかやらない。原価をかけずに集客をする。これ超楽ですよね。

 

僕の知り合いの方とかな以前マッサージ屋やってたんですけどマッサージ店舗持たずして経営していました。店舗は他の人間が管理する形で。

 

で、その人はウェブで集客する。それから何百万稼ぐとかあるわけですよね。話を聞いたらこれはブログの技術がベースとなってました。最初のブログです。ブログ作るだけでもめっちゃ強いです。

 

だからウェブマーケティングを速攻で学びたい人はブログはめっちゃ良いです。とにかく暇な人は、何かやんないと腐っていきます。

 

暇っていうのは物理的に時間があるっていうわけではなく、精神的に暇も含めてです。会社がくそつまんない、それでいて残業で11時に帰ってきます、っていう人でもTwitter更新くらいだったらできますよね。

 

ブログもスマホで書くくらいできます。決してハードルが高いもんじゃありません。本読んでブログ書くみたいなのでも良いので、そういうとこから始めたら?って思います。

 

僕はマジで人類みなウェブマーケティングできた方が良いと思っています。

 

たとえば僕は今フランス語を勉強しています。いざ単語を叩き込んで喋ろうと思っても全然出てこない。「むっず…」って感じです。

 

で、これでフラン語ができるようになったらフランス語×情報発信能力っていう仏語圏の人間にもビジネスができるようになります。日本人でありながらフランス語も喋れる、仏語圏にいる人からお金をいただいた商売ができるんで、人口が圧倒的に増えます。

 

フランス語のマーケットって意外と広いですからね。そうなると収入が、同じ能力でも10倍になったりします。そのためにも僕いろいろやってます。こうなると外貨を獲得できるので日本のGDPでも上げりますし、色々面白いことができるようになります。

 

しかし、ただフランス語喋れるだけじゃビジネスできないので、ウェブマーケティングも学んだうえで、色んなビジネスも学んで貰えたらなと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
ネットビジネスの関連記事
  • 毎日ブログ記事を書くよりも成果が出る大事なこと
  • ウェブマーケティングを勉強すると社会で無双できる
  • 自己流かましてると一生成功できない。いやマジで
おすすめの記事