こんにちは、まつもとです。

 

迫 佑樹(@yuki_99_s)さんが出版されている『人生攻略ロードマップ』の書籍。100冊購入キャンペーンということでディナー会に参加しました。

 

今回はそのディナー会の感想です。

 

いやーもうマジで衝撃的でした。迫さんと解散したあともしばらく言葉が出なかったもんなー。

ボードゲームしながらノリで本を100冊購入した。

 

本当は迫さんの本を100冊購入する予定はありませんでした。

 

「年も近いし、めちゃめちゃ稼いでる方だし、いつか会ってみたいなー」

 

とは思っていましたけど、まだその程度での熱量だったんですよね。

 

熱狂的なファンとかではありませんでした。実際、迫さんに会ってみたいけど、

 

「100冊買って、家に置くのしんどいな~人に配るのも面倒だな~」

 

といった言い訳のほうが勝っていました。

転売で月収500万円を稼ぐ同い年のぐっちさん

2020年8月12日。

 

僕と同い年(23歳)で、転売で月収500万円稼ぐ『ぐっちさん』とツイッターで知り合いました。

 

出身が千葉ということで地元も同じで親近感がわきました。

 

ぐっちさんと東京駅で待ち合わせ。

 

ぷらっと入ったラーメンを食べながら、

 

僕「今日はこのあと何か予定あるんですか?」

 

とぐっちさんに尋ねました。すると、

 

『まー、そうですね。18時までは空いてます』

 

僕「18時からなんの予定が?」

 

ぐっちさん『迫さんとご飯たべにいくんですよ』

 

思わずラーメンを食べる手を止めました。

 

僕「え!いいですね!!もしかして本を100冊購入したんですか?」

 

ぐっちさん『はい!そうです』

 

まさかこんな近くに迫さんの書籍を100冊購入したひとが現れるとは予想外でした。笑

 

僕「100冊って、家に置くのだいぶしんどくないですか?」

 

ぐっちさん『いや、そんな場所取らないですよ』

 

って言われて、改めて100冊をイメージすると家に置いてるワンピースの漫画を思い出しました。

 

ワンピースの漫画も、ほぼ100冊だから…そう考えるとたしかにそんな思ったより場所とらないなー。

 

まあ実家に送れば何の問題もないな~在庫管理は言い訳にすぎないか…。

 

急に僕の考えが変わりました。

素直に迫さんに会えるの羨ましいなって思った。

ラーメン食べたあと、ぐっちさんとボードゲームカフェにいってクアトロというゲームで遊んでいました。

 

クアトロで遊びながらも、僕は本を100冊買うか迷っていました。

 

パソコンを開いて、とりあえずAmazonで書籍100冊をカートのなかに入れます。

 

あとは決済するだけ。合計15万4000円。

 

まあ一般的な感覚だと安くはないよね?

 

ただディナー会にいって本当に為になる話が聞けるのか?と不安にもなりました。

 

ちょっと考えるのやめとこうと思って、クアトロを4戦して引き分けが2回続いた頃。

 

いったん休憩して、トイレでズボンをおろし、便座に座りながら購入するかどうか自問自答しました。

 

僕の「いやー15万円かー、それなりにするなー。100冊もなかなかキャパあるよなー。けどこのままボードゲームして解散しても今日なんも予定ないしなー。

 

でもこのまま迫さんと話せるのいいな~ぐっちさん羨ましいな~とか思いながらオレそのまま帰るのまじでダサくね?

 

てか15万円渋るとか鬼つまらん男なるやんけ。教材1本売れば速攻回収できるっしょ。

 

目の前に実際に100冊購入してる人がいるわけだし、流れに乗ってみるかー。素直に羨ましいとか思ってるわけだし?

 

値段とか本のキャパを言い訳にするとかマジでありえねえ…」

 

ジャーとトイレの水を流し。手を洗いながら、鏡に映る自分をみて決心しました。

 

「よし!買っちゃおう!!」

 

早歩きで戻ってきて席に座ったあと、すぐさまパソコンを開いて意を決してぽちっと本100冊を購入。

 

僕「いま100冊買いましたわw」

 

ぐっちさん『え!?そんないきなり?w』

 

僕「はい、せっかくなのでw」

 

ぐっちさん『そんな軽いノリで?w』

 

僕「いやこういうノリが大事っす。今日のディナーって僕もご一緒することってできます?」

 

ぐっちさん『いや~僕はいいですけど、迫さんが何て言うかわからないです…キャンペーンまだやっているか分かりませんし』

 

僕「まー、そこはなんとかなるでしょう!そしたら僕から迫さんにDMします!」

 

=迫さんへのDM=

 

僕『100冊購入しました!』(注文履歴の写真を添えて)

 

5分後…。

 

迫さん『ありがとうございます!

 

僕『今ぐっちさんといるのですが、今日のディナーもご一緒してもよろしいでしょうか?』

 

迫さん『ぐっちさんが大丈夫であればいいですよ!』

 

僕『ぐっちさんは大丈夫と仰っていました!』

 

迫さん『じゃあ大丈夫ですよ!たぶんお店も大丈夫だと思うので!』

 

==========

 

迫さん、レスポンス鬼早くてマジで助かりました。

 

僕「なんか大丈夫みたいっす!」

 

ぐっちさん『おお!そしたらぜひ一緒にいきましょう!』

 

本当に急遽ディナー会に参加できたので、準備をあまりしていないぶん謎に緊張しませんでした。

 

これは、明日テストあるけど何も勉強せず当日を迎えてなぜか自信だけある現象と似ていますw

 

いやー久々に負荷がかけられる、いいチャンスだなって緊張よりもワクワクのほうが大きかったです。

 

頃合いをみてボードゲームをやめて、ぐっちさんはコンビニでメモ帳を買い、迫さんとのディナー会へと六本木に向かいました。

年に1回あるかどうかの最高の1日。

ディナー会を終えて、すぐさま僕が送った感想がこちらです。

 

同じく、ぐっちさんの感想↓

起業して5年経ちますけど、ネットビジネス(DRM)に出会ったとき以来の衝撃を受けました。

 

もう年に1回あるかどうかくらいの最高の1日でした。

 

迫さんの知識量マジでえげつなかったです。

 

迫さんとお話していて気づいたら3時間が一瞬にして過ぎていました。

 

ここ1年でいろんな起業家の方と会ってきましたけど、ここまでの衝撃はありませんでしたね。

 

今まで会った方も億を稼ぐような人がチラホラいました。

 

けどほとんどがネットビジネスの方だったので『価値観崩壊』ほどの衝撃は正直なかったんです。

 

ただ今回、見事に『価値観崩壊』レベルの衝撃を頂きました。ありがとうございます。

 

迫さんと出会う前は、「いやーいい話聞けたな~自分のビジネスに活かしていこーう」っていうレベルかなと思っていたんですけど想像をはるかに超えてきました。

 

どれくらい衝撃を受けたかというと、

 

これくらい。

 

僕、今年23歳で迫さんが24歳と1歳差なんですけど、

 

「ここまで違う!???」

 

ていうくらい知識の量が尋常じゃなかったです。

 

たぶんDRMとかネットビジネスだけの知識量だったら、さほど差はないだろうな~とは感じます。

 

ただ「実業の知識」と「ネットビジネスの知識」の掛け算がヤバかったです。もう最強の組み合わせ。

 

なんか微妙に自分より知識ある人とお話しすると、悔しい気持ちとか嫉妬とか生まれるんですが…。

 

ここまで明らかに知識量の差、自分のなかでスカウターが壊れる瞬間がわかると悔しさとか逆に出てきません。笑

 

 

こんなに知識で圧倒されたのは超久々で、素直に超嬉しかったです。

 

自分が勝手に思っていた限界を良い意味で壊してくれました。

 

自分の知らない不動産の知識など、新しい情報があれよあれよと学ぶことができて本当に幸せでした。

 

「こんなん知ったら俺どんだけレベル上がっちゃうんだよww」

 

って心のなかで思いながら終始ニヤニヤしていました。笑

新しい情報得るの、マジで面白すぎる

「いやそこまで考えてビジネスしてんの!?」ていう驚きの連続で。

 

知的好奇心がもう次々に満たされていくので脳汁がグワーーッって溢れていました。と、同時に自分がいかにビジネスを浅くみていたのかを再確認できました。

 

迫さんがどんな戦略で、どんな思考回路で、どんなビジネスを展開しているのか?

 

いろんな裏話をきけて、めちゃめちゃ面白かったです。

 

詳しくはここで書けないですけど、迫さんの知識量もだけど思考力がも相当やばい。

 

『点線面』くらいの思考力だったら、「たしかに~それは強い!」くらいの衝撃ですけど。

 

迫さんのように、『点線面、立体』レベルになると、

 

「え!?それマジ!??そんなんチートやんけwww」

 

っていう衝撃をいただきました。

 

僕らが表面上で見ている実態はほんの一部でしかなくて氷山の一角なんだと。

 

むしろその裏側というか本当の狙いの部分が尋常じゃなくて、事業と事業の掛け算というか合体技が秀逸すぎ。

 

ひとつの事業を見ても緻密な戦略が練られていて、超勉強になりました。

 

ネットビジネスだけしか触れていなかったら絶対に着床しない知識ですねアレは。

 

本100冊で、15万4000円でしょ?

 

いやこの情報を自分で集めるとしたら、たぶん5年以上はかかってるわ。

 

情報収集の時間をお金で買えるのほんと最高。これで15万円は破格すぎww

お話して、個人的に迫さんの尊敬するところ

 

・ビジネスのとある公式を与えられたときの応用力の強さ(賢さ)

 

・すぐさま行動する尋常じゃないスピード感

 

・仕入れる情報の幅広さ

 

まだまだありますけど、ほんとざっくり大々的に挙げたらこの3つです。

 

この人どんだけ情報感度高いんだよ、俺ってばまだまだだなーって反省しましたね。

 

コンテンツビジネスをやって、仕組み化して自由に生活できるようになったけれども。

 

あとは新しい趣味に没頭するかーってなって、正味ビジネスそんな新しい刺激ないやろって思いましたけど。

 

違いました。

 

まだまだ知らない面白いビジネスはたくさんあって、「ビジネスが趣味になる」本当の理由がやっとわかりました。

 

これは迫さんがやっていること楽しいはずだしビジネスに夢中になるわけだわ!

結局、情報発信ビジネスが最強

今回、迫さんとお話してだいぶリアルビジネスの魅力に惹かれました。

 

けれどもまだそのフェーズには辿り着いていなかったですね。

 

自分の実力不足で、「それやりたい!」って思ってもすぐに実行できない。これがね~、一番くやしい。

 

ただ迫さんが実業にガンガン挑戦できるのも、基盤には情報発信ビジネスという安定した収益があるからこそ成り立つ話です。

 

「情報発信ビジネスほどリスクのないビジネスはない」

 

と迫さんも仰っていたので、やっぱ改めて情報発信は最強だなと認識しました。

 

いきなり実業を攻めれることも可能だけど、そうだとしてもネットビジネスの知識はどうあがいても必須だなとつくづく感じましたね。

 

仕組みからの収入、どう考えてもぶっ倒れないビジネス(=情報発信ビジネス)があるからこそ色んな事業を手掛けることができるんだなと感じました。

まとめ

・LINEのある機能を使って飲食店のリピーターを増やす話

・地方に向けたブルーオーシャン広告の話

・法人メディアと○○の連携技

・未来のお金を先取りするM&Aの話

・持ってるだけで損するデカいゴミを金のなる木に変える話

 

などなど、普段聞けないような話が盛りだくさんでとても刺激的でした。

 

目移りするような、「それすぐできる!」といった情報もシンプルだったので個人的にはよかったです。

 

だからこそ、今やっているビジネスを愚直に淡々と進化させていこうと思いました。

 

『まつもと』とは別で情報発信しているビジネスも、

 

迫さん「そのビジネス放置しているのはもったいなんですね、youtubeとかで広告かけれると思いますよ」

 

と言っていただけたのでまた再稼働させていくことを決めました。

 

いやー情報発信ビジネスで月収500万円稼いでも、その先は新しい趣味に没頭するしかないかなーとか考えていたので新たな人生の選択肢をいただけて本当によかったです。

 

自分がこの先どんなビジネスをしていくのか?どこを自分が目指していきたいか?

 

この先1年、2年の大切な指標になりました。もっと人生を面白くしていきたいですね!

 

迫さん、改めてディナー会を開催していただきありがとうございました!

 

P.S.

 

ディナー会を終えて解散するときに、

 

迫さん「では、お疲れ様です!」

 

と言ってタクシーに乗って移動するのかなと思ったのですが、店のまえに迫さんの運転手さんが車の扉を開けて待っていたのに最後驚きましたw

 

迫さんのメルマガで『月30万円あれば運転手が雇える話』をされていたので、あっ本当に運転手雇ったんだってなりました。

 

つい億を超えるようなひとに出会うと、「この人は元から賢いから」とか言い訳して異世界の住人のように突き放す傾向がみんなあると思うんですけれども。

 

決してそんなことはなく、迫さんはただ愚直に格上の方から言われてきたことを淡々とやってきたんだなと。

 

だからこそ3~4年といった短い期間でここまでの急成長を遂げているんだと思います。

 

いやーそう思うと俺チンタラやってたなー。めんどくせえなとか言ってる暇なかったわ。

 

この記事を何回もみて自分を奮い立たせよう。では今日はこの辺で!

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は受験勉強が嫌すぎて、
18歳で起業してパソコン1台で食っていけるようになりました。

今は月収70万になりました。
月9万pvのブログを運営したり、
Barの経営やアプリの開発に携わってます。

まあそんなの怪しいですよね?
しかし僕は地頭がよかったわけでも、
環境に恵まれたわけでもありません。

もともと文章を書くのも好きじゃないし。
「消しゴム拾って?」とも言えないコミュ障でした。

そんな僕でも自信を得れて
バイトせずに月収70万。
プライベートもかなり充実しています。

結局は、知識です。
知ってるか知らないかだけの世界です。

学んでいけば誰でも稼げます。
まつもとが知識を得て月収70万を稼ぐ過程を下記で公開しています。
18歳で起業して月収70万になったウソのようで本当なクレイジー壮絶物語

ーーーーーーーーーーーーーーー
【下記をクリックして、Fラン休学生月収70万物語の続きを読む】

<<詳細が気になる方はコチラをクリック>>
物語の関連記事
  • メルカリ無在庫転売でダンベル売ったら月収30万になった話
  • 「慶應合格!」と嘘の発表をしてリア友が消滅した事件
  • 大学休学して7ヶ月たった今メリット、デメリットまとめてみた
おすすめの記事