これぞ、覇権アニメ。

推しの子第1話が放送されて、あまりの完成度の高さにアニメ評価で有名な海外サイト MALでは公開初日で鋼の錬金術師を上回る歴代ナンバーワンの評価となった。

 

推しの子の素晴らしいところはキャラクター。アニオタであるほど第一話の仕掛けにハマる。最初にこっちが予測した、

「きっとこのキャラは今後こうなっていくいくんだろうな〜」

という設定がいともたやすく覆される。この、てのひら返しがとても気持ちいい。

今までのアニメだと、『日常に退屈してる主人公→なんらかの拍子で異世界転生→チート級』ってのが鉄板。もはやテンプレ。

無駄な時間を過ごしたくないから、ぼくらの頭のなかでは今までの経験からひもづけてパターン化させるメカニズムがある。またこのパターンか、と型にはめた頃合いでうまく裏切る。

作者の赤坂アカ先生はアシスタントと「みんなが一度は思う一番の願望って何?」というテーマで話したときがあった。

 

そこでアシスタントからアイドルや声優の子供として生まれ変わりたいという意見があったそうだ。

 

もし推しの子供に生まれ変わるならというアイデアを軸に漫画を作ったら面白いかもしれない…。

 

そこから物語の構想を練り上げていたそう。

ちなみに赤坂先生は推しの子を作る前はアイドルにそこまで興味はなく、詳しくなかった。

 

でも前作のかぐや様のアニメ化や映画化により、作者として芸能界の裏側に触れていくうちに

「すごく面白い世界だ、これは書けるかもしれない」

と思ったそうで。

推しの子の誕生はかぐや様を通して、芸能界に触れたことが『推しの子』をつくった決め手になってる。

 

 

また赤坂先生は推しの子で、芸能界を深く多角的に描きたいという思いが最初にあって物語の柱として人を好きになるという感情を取り入れたい、と考えた結果。

憧れや崇拝の象徴としては俳優や女優より、アイドルという概念が一番しっくりくると感じたことからアイドルを物語の軸として選んだらしい。

 

また推しの子は、芸能界の裏側やダークな一面がリアルに描かれていることが特徴になっている。

ふつうアイドルのアニメはラブライブやアイマスみたいなキラキラ輝くものがメインだったり、スポコン要素が強いものが多い。

 

 

しかし現実のアイドルはもう少し陰鬱としていて、リアルなことを考えている。

そのギャップを感じたことから推しの子ではアイドルの生々しい感情やリアルな側面がガッツリ描かれてるし、既存のアイドル漫画や芸能界漫画に対してのカウンターになっていてかなりおもしろい。

推しの子では演者にスポットを当てる一方で、裏方にもスポットを当てることを意識されてる。

 

演者をより光り輝かせるためにその何十倍もの方々が裏方としてがんばっていて、そのコントラストでよりアイドルやキャラクターが輝いて見えるという魅せ方も上手い。

ストーリーを考えてる赤坂先生は、日常的にネタを思いついたら付箋に書き留めている。

 

家の壁に貼っているから、話を作るときはまず貼ってある付箋を眺める。

 

そして話の展開に使えそうなネタを選ぶところから始まるみ。

話の展開に

・まずどのネタを選ぶのか
 
・今の展開でこのネタをどう生かすか
 
・このネタならどういう場面設定が必要か
 
・このキャラとこのキャラで回したほうが面白いかも

といったおおまかなシチュエーションや話の流れを作り、話の軸となるチェックポイントを作っている。

ここまで計算して、ロジカルな思考で作り込み、ここから先のチェックポイントとチェックポイントの間を埋めていく。

面白いものに共通するのは読者が思っているストーリーによって作り上げられた先入観や設定をどうやって論理の破綻なく裏切って、感情を操ることができるか。

 

これがマーケターとしてできたらもう勝ちなんよ。

読者レビュー☆4.3の書籍が読めます

先日、生まれてはじめて電子書籍をKindleで出版しました。

  

18歳で起業して、大学在学中に月収200万円を稼ぎ。

  

今ではヘラクレスオオカブトのブリーダーをしたり、アフリカでゲストハウスの運営もしているという変わった経歴です。

 

そんな変わった経歴を持っているので、起業して5年以上経って今までの経験や知識を書籍にまとめてみました。

 

Amazonで約1200円で出版して、おかげさまで650人以上の方に読んでいただいています。

 

数え切れないくらいたくさんの方から感想をいただいていて

 

『今まで本を一回も読破したことがなかったけど、この書籍は面白くて最後まで読み切れました!』

 

『最後のシーンがとても感動して号泣しました』

 

という声もあり大変好評です。

 

現在出版キャンペーンで無料で手に入ります。

 

小説のように物語形式なので、スラスラと20分程度で読めます。

 

この書籍を読んで人生を変えた方もたくさんいるので、ぜひ今のうちに手にとってみてください!

   
未分類の関連記事
  • 推しの子がなぜ面白いのか?レビュー&考察してみた
  • 高級ソープ吉原にイってきた話。一発7万円
  • 【ラスベガス】Youtube登録者数69万人でポーカーを流行らせた世界のヨコサワに出会った話
おすすめの記事